お風呂場のコーティング。

本日も良いお天気♪

なので、気になっていたお風呂の補修をすることにしました。

引っ越した当初に、気になったひび割れや風呂釜周りのコーキングはしていました。が、しばらくするとまた、あっちも、こっちも…と気になってしまって。(笑)

まあ、古い家なので。

と言うことで。(笑)
今回は、風呂場の床周りをコーキングしてみました。

あちこち細かい欠けやヒビが気になりだしたので。

お風呂のコーティング①
  ↑ 少し暗いですね。(汗)

素人仕事でかなり自己流ですが、以前天井の隙間を埋めた時のコーキングはまだもっているので、まあイイか。
という、かなりいい加減なやり方です。

基本、失敗したらその時考えよう、というスタンスです。(笑)


使ったのはコニシ製の…あれ?何だっけ?(笑)

しまった。写真撮っとくんだった。
せっかく勉強したのに…。

まあイイか。(笑)


まずはマスキングテープで養生します。

お風呂のコーティング②

ここで8割、仕上がりが決まるという気持ちで貼ります。(笑)
面倒くさいけど頑張りました。

最後の方は結構いい加減でしたが。 ヨレてますし。(笑)
お風呂のコーティング③


次にコーキング材の先端(キャップ)を切り、補修箇所に絞り出します。

この時、あまり先端を細くし過ぎると何度も絞るハメになるので、マスキングした幅より心なし細め、を目安にすると良いかもです。

今回私は細く切り過ぎました。(笑)


次に、ヘラで均します。

これは付属の物があればいいですが、無ければ用意した方がいいですね。
その際は、今回のような壁の端部分なら少しカーブのある物がいいかも。

手にビニールをかぶせて指で均す…という手もあるそうですが、私に向いてないようです。
均一に圧をかけられませんでした。

私は以前買った物に付いていたヤツを使ってます。 ↓
お風呂のコーティング⑥

小振りですが、なかなか優秀なヤツです。(笑)
(特に、両端が丸くなっている部分と少し尖っている部分があるのが良い。)


均しは1~2回程度にしておくと綺麗に仕上がりますね。
あまり何度も触るとヨレます。
波のように凸凹(デコボコ)するんです。

理想は1回で均す、です。

まあ、理想は理想ですが。(笑)


わかっていても、つい何度も均してしまいヨレさせます。(笑)
気になり出したら止まらなくなってしまうんですよね。

それで何度も後悔していると言うのに。(笑)


それから、マスキングテープを剥がします。
お風呂のコーティング⑤
  ↑ 見えにくいですが、それが狙い。(笑)


均せたら、すぐ剥がして下さい。
固まると、剥がしにくくなり、コーキングの端がまくれてしまいます。

割とすぐ固まってくるので、ここまでの作業は素早くしましょう。

と、言っても焦る必要は無いです。
一通りの作業が完成したらすぐ…くらいの意識でいいと思います。


今回の仕上がりは、私にしては上出来です♪
お風呂のコーティング④


あとは剥がれてこない事を祈りつつ終了です。(笑)

やり始めるまでは面倒に思える作業ですが、やり始めると夢中になってしまいます。
今回も、目的の場所が終わっても気になる場所をつい追加してしまい、思った以上に時間が掛かってしまいました。困ったものです。(笑)

次はどこをしようかな♪


 ◇◆◇

  話はそれますが、今回、画像の添付を勉強しました。(笑)
  その際、studio9(スタジオナイン)様の記事が大変参考になりましたので、誠に勝手ながらこちらでお礼を述べさせて頂きます。
ありがとうございました。





 ↓ あなたの応援が励みになります!ポチしてください♪

人気ブログランキングへ

つぶやき ブログランキングへ





テーマ : DIY
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
最新コメント
RSSリンクの表示
↓ランキングに参加しています。
登録ASP一覧